アクセスカウンタ
Total: 972951
Today: 526
Yesterday: 971
読者登録
メールアドレスを入力して登録ボタンを押すと、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。
解除は→こちら
現在の読者数 6人
旅館の若旦那ブログ は箱根湯本、熱川、舘山寺、湯河原温泉の 若旦那が地域情報や今関心がある事などについて語るブログです。

2013年03月07日

春霞

今日の伊豆東海岸は、好天に恵まれ、海には霞がかかり、山はピンクの河津桜が満開で、

春を肌で感じる一日でした。

霞(かすみ)と聞くとどうしても春のイメージが強いのですが、

Wikipedia(ウィキペディア)で検索してみると。

霞(かすみ)とは、霧や靄、煙霧などで遠くの景色がぼやけている(=かすんでいる)様。
文学表現であり学術的定義はない。
一般には、同様の現象でも特に春に起こるものを指していう場合が多く、
季語でも春の分類とされている。

と解説されていました。

俳句の季語でも、古くは、霞と霧は春秋に区別なく用いられていたそうですが、

後年、春の霞、秋の霧と分けられるようになったと言われます。

気象学的にも霞と霧は異なる現象で、全ての季. 節に霞と霧があるそうです。

古今和歌集に、「春霞 たなびく山の 桜花 見れどもあかぬ 君にもあるかな」(紀友則)

この歌の桜花の「さくら」は?


俳句:「春霞引く波みな砂に溶け」・加太良



撮影:2013年3月7日(木)17:30・熱川プリンスホテル広報 (熱川海岸)

Posted by あたぷり広報 at 21:05│Comments(0)TrackBack(0)あたぷり日記

この記事へのトラックバックURL

http://atagawaprince.wakadanna.jp/t2114