アクセスカウンタ
Total: 960132
Today: 326
Yesterday: 513
読者登録
メールアドレスを入力して登録ボタンを押すと、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。
解除は→こちら
現在の読者数 6人
旅館の若旦那ブログ は箱根湯本、熱川、舘山寺、湯河原温泉の 若旦那が地域情報や今関心がある事などについて語るブログです。

2007年01月17日

コーヒーの実

先日、打ち合わせでバナナワニ園に訪れた際、ミラクルフルーツの他に、コーヒーの実も初めて食べさせてもらいました。

皆さん、コーヒーの実はどんなもので、どんな味がするか知ってましたか?

コーヒーの木は、本来日本の風土には適合しにくいようなので、日本ではなかなか見かけることも少ないようですね。

実の外皮は真っ赤で、果肉はチェリーのように黄色っぽく、果肉の味は甘い味がします。

果肉は食べることができて、中心には種が向かい合って2つ1対に、まさしく我々がよく目にするコーヒーの生豆が出てくるのです。

もちろん生豆を嗅いでも香りはしなく、焙煎することではじめて味や香りの成分が外へ溶け出してくるようです。

ワニ園には熱川の豊富な温泉を活用した珍しい多種の熱帯植物が鑑賞できて、見学の仕方によってはホントに奥深く、いろんなことを発見できる観光施設だとつくづく感じるところなのです。

 

Posted by あたぷり広報 at 23:24│Comments(0)TrackBack(0)あたぷり日記

この記事へのトラックバックURL

http://atagawaprince.wakadanna.jp/t228